水道修理はまず水漏れの原因の確認から

水回りの設備からの水漏れは、自分で修理ができるか、あるいは専門業者に依頼して対応した方がよいのかを考えるのが大切です。どちらにしてもスムーズに対応するのが望ましく、まずは原因を確認しないといけません。

■水道料金が加算されてしまう

水回りの設備から水漏れが起きている場合、まずその原因を突き止めることを考えるのが大事です。放置してしまうと、水道料金がどんどん加算されてしまうからです。
さらに、排水設備の場合はそのままにしていると、住宅が傷んでしまう原因にもなります。余計な出費を避けるためには迅速な対応が必要です。



■早い決断が必要

水漏れの原因を確認できたのなら、自分で修理するか専門業者に依頼して対応してもらうかの決断をしないといけません。専門業者に依頼して対応してもらう場合は、出張費と見積料金で少なくとも8,000円はかかると認識しておいた方がよいでしょう。さらに、早朝や夜中、休日や対応エリア外などの場合は料金が別途発生することもあります。
自分で簡単な部品交換をすれば済む場合もあり、この場合は数百円の出費で済むこともあります。もちろん、簡単な部品交換で済むかどうかを判断するのは自分では難しいかもしれません。判断に悩むのであれば水道業者に連絡した方が早い解決が期待できます。



■まとめ
水回りの設備からの水漏れは簡単な部品交換で済む場合もあれば、専門業者に水道 修理を依頼して対応してもらわないといけない場合もあります。専門業者に依頼する時点で少なくとも8,000円はかかるため、ご自身で対応可能かどうかを見極めるのが大切になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ