水道修理を依頼してトラブルにならないためには

水のトラブルを専門業者に依頼した場合、専門の知識を悪用する被害に遭う可能性もないわけではありません。専門業者を選ぶときには悪質業者に依頼してしまわないよう、指定水道工事店である業者の中から選ぶことがおすすめです。

■応急処置をしてから依頼を行う

水が噴き出したままではパニックになってしまい、冷静に物事を判断できる状態ではありません。蛇口からの水が止まらない場合でも、すぐ近くに止水栓があればそれを締めることで水が供給されなくなるため一時的に水を止めることが可能です。止水栓が見当たらない場合は、元栓を締めても同じように対応できます。水道の元栓は大抵の場合、水道メーターの近くに設置されています。

■事前の見積もり依頼は必須

見積もりをしてもらわずに水道修理を専門業者に依頼した場合、思わぬ請求金額である場合もあります。また、事前の口頭での見積もりと作業後の料金が異なることもあります。こういったトラブルを避けるためには、施工内容、見積もりを事前に提示と説明をしてもらうのが大切です。そして、同意したうえで作業を開始するのが望ましいといえます。



■まとめ
水道修理業者には優良な会社もあれば、中には悪徳な会社もあります。水のトラブルが発生してしまった場合は、修理を急ぐあまり冷静に判断できないというケースも珍しくありません。まずは慌てずに応急処置を行い、依頼を行う前に修理の見積もり必ずとり、精査したうえで専門業者を選択しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ