トイレの水道修理は自分で対応可能かどうか

トイレの水道 修理は自分で対応ができる場合もあれば、専門業者に依頼しないといけない場合もあります。止水栓を閉めてこれ以上被害を拡大しないようにするのはもちろん、どちらを選択するかについても判断しないといけません。

■1,000円程度の出費で対応可能

トイレの水道修理は自分で対応可能な場合も少なくありません。ナットの緩みを解決するためには、レンチを購入する必要があります。交換パーツにしてもホームセンターや通販などで簡単に購入可能です。水漏れの原因である詰まりを取り除くラバーカップも同様に簡単に購入できます。
専門業者に依頼した場合は、見積料金や出張料金で少なくとも8,000円はかかるため、余計な出費になることもあります。そのため、自分で対応可能かどうかをまずは見極めるのがよいでしょう。

■どこから水漏れをしているのか

水漏れをしている箇所は限りがあります。給水管から排水管につながる分岐での水漏れ、タンクと便器の間にある配管からの水漏れ、排水管とタンクの接状部分からの水漏れなどです。
これらの場合はナットを緩めてからパッキンを外し、新しいものと交換すれば簡単に対応ができます。ただ、自分で対応しきれないと思ったときにはまずは専門業者に依頼するのが望ましいです。

■まとめ
トイレの水道修理は自分で対応できる場合も少なくありません。しかし、原因をはっきりさせて工具を用意して対応しないといけない難しさもあります。そのため、分からないことがある場合はやはり専門業者に依頼した方が確実といえるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ